BUZZ TOPICS and NEW EVENTS

注目のアートやメディアアート・インスタレーション・テクノロジーエンターテインメント・ビジネスをピックアップ

あの「border」が帰ってくる!

「border」 は、インスタレーション空間内で、ダンサーと観客が参加して成立する、斬新なダンス公演。観客は、動きをプログラムで完全制御されたパーソナルモビリティに各自が座って体験する

細田守監督最新作「竜とそばかすの姫」コンセプトアート公開!

「サマーウォーズ」などインターネット世界やデジタル技術と人々の生き方を描いてきた細田監督が、最新作を作ってくれてます!ネット世界が題材みたい!

ギャグなのか?本気なのか?紀里谷和明監督の新作『新世界』のパイロット映像が完成

このパイロット映像を制作するにあたり「Makuake」で総計約1,400万円調達したんだって。ヒットするといいね。


MUTEK:Rhizomatiks Research x ELEVENPLAY x Kyle McDonald

バージョンアップした「discrete figures」は、異次元のダンサーと現実世界のダンサーがコレボレーションし、単なるテクノロジーのお披露目ではなく、ストーリー性のある完成度の高い演出だったんだな。

NAKED meets 北斎『360° Around Mt. Fuji 〜NAKED meets 北斎〜』

日本の伝統文化にNAKED代表の村松亮太郎が新解釈を加え新たな作品として発表するプロジェクト「NAKED伝統と革新プロジェクト」jing visionで1月いっぱい開催中ー

タワーアカデミー「TouchDesignerを使ったVJ講座」開講

“5G時代の音楽エンタメ人材育成”をテーマにタワーレコードが運営する教育事業・タワーアカデミーが、「TouchDesignerを使ったVJ講座」だって


世界のトップクリエーターが集まるフォーラムセッション&イベントSUPER FLYING TOKYOがやばすぎた

やっぱりライゾマはすごかった・・・トークセッションもだけど、ナイトパーティーのメンツがすごすぎてVJパフォーマンスも素晴らしすぎました!出演:Nosaj Thing + Daito Manabe [Audio/Visual set]、Kode9、Holodec、食品まつり、Saskiatokyo、OL Killer、山口一郎

miwaの海外進出!フランス、パリでの密着の様子をOA「Esprit Japon」

今、何かと話題のmiwaさん。フランスでの活動の模様を弊社制作の番組内で紹介。ヒストリーと共に振り返ります。ナビゲーターは同じく今、何かと話題の新川優愛さん。

ちなみに弊社は滝川クリステルさんの番組も手がけております。弊社に幸せの風が吹きまくっております。

メディアアートの開拓者ダムタイプが東京で!アクション+リフレクション

日本を代表するメディアアーティストグループ、ダムタイプによる個展を開催。結成35周年にあたる2019年に開催する本展は、2018年にフランスのポンピドゥー・センター・メッス分館において開催された個展(キュレーション 長谷川祐子)の作品群や新作にパフォーマンスアーカイブなどを加え、よりバージョンアップした内容となっております!


第22回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門大賞に『チコちゃんに叱られる!』

テレビ番組が受賞するなんて、、、、頑張ったね。確かにこの番組は非常に丁寧に作られている。着ぐるみにCGを当てるのが絶妙にマッチしていて木村さんのMCも素晴らしい。マンガ部門大賞は韓国のBoichi作『ORIGIN』 真鍋大度とMIKIKO参加の作品がアートとエンタメでW優秀賞

伝送自転車並み!電気を使わない画期的なクランクギア 『FREE POWER』

最先端のテクノロジーカルチャーを実験的なアプローチで都市実装するリアルショーケース。東京シティビューをはじめ、六本木、渋谷、銀座、虎ノ門、台場など、都内各所を舞台に最先端のアートや映像、トークショー等が集結。国内外のさまざまな分野のイノベーターや企業が参画

Seiho、新シングル本日リリース MIKIKO、ライゾマ・上條慎太郎 & 花井裕也とのコラボ公演“靉靆”概要も

3月15日(金)にはSeihoによる原案をベースに、演出振付家・MIKIKO(ELEVENPLAY)と、多種多様なテクノロジーを駆使した独創的な映像表現やライヴ演出を手がけるRhizomatiksの最先端クリエイター・上條慎太郎、花井裕也らが、“クリエイティヴ・ファースト”で作り上げる予測不能のコラボレーション公演“靉靆”(あいたい)を東京都内某所にて行う。

 


【MUTEK.JP 2018】レポート

国内での開催は3回目を迎える今回は過去最大規模!

ジェフ・ミルズやコーネリアス、初音ミク(海外版)など、世界各国から総勢70組以上のアーティストが参加!

そこには愛してやまない「音楽」の未来がありましたよ

伝送自転車並み!電気を使わない画期的なクランクギア 『FREE POWER』

絶賛予約殺到中みたいだから手に入るまでは時間がかかるかもだけど、ペダルを踏む力を推進力に変える画期的なクランクギア! 「FREE POWER(フリーパワー)」は画期的!

チャリンコにセットするだけで電気いらずで坂道スイスイ。

“新言語秩序”プロジェクトを総括したamazarashi初の武道館公演

SNS、看板、新聞記事、TVニュース、哲学書、音楽雑誌、履歴書、遺書……その多くは検閲がかけられ、黒く塗りつぶされているが、検閲解除ツールによって検閲が解除されると、その度に会場が美しい光で包まれる


【世界へ発信する音楽とテクノロジーのライブイベント!】Music×Tech Showcase - TIMM Special Event -

東京国際ミュージック・マーケット(TIMM)のスピンオフ企画。「音楽×テクノロジー」をテーマにアーティストとテクノロジストのコラボレーションによるライブステージが見れます!2つのステージ、立体音響リスニングルーム、DJブースのある会場でフェス形式に様々なイベントを開催。弊社の誰かさんの映像が流れるかも!?

霧島アートの森で企画展「真鍋大度∽ライゾマティクスリサーチ」が開催

鹿児島県霧島アートの森で、11月16日(金)から2019年1月14日(月)にかけ、特別企画展「真鍋大度∽ライゾマティクスリサーチ」が開催される。本展は、国内の美術館では初となる真鍋大度の個展。これまでに発表された作品や関連資料により活動の軌跡を辿りながら新作を紹介。霧島アートの森の環境を生かしつつ独自の空間構成を施し、真鍋大度の独創性や先見性が展観されるとのこと。

ANREALAGEパリコレ。透明になる服

真鍋大度、サカナクション山口一郎、さらに三井化学のテクノロジーが一体化したパリコレ、さらに東京コレクション。今回も密着!放送はBSフジEsprit Japonを要チェック!光を完全に吸収する黒と、その対極にある光を完全に透過する透明。 見えない光である黒と、見えない色である透明を共存させることで、 見えるものが見えなくなり、見えないものがやがて見えてくる、という「ハレとケ」が共存する表現に挑む


企画展「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」

ミュージシャンの小山田圭吾(Cornelius)が展覧会のために書き下ろした新曲『AUDIO ARCHITECTURE』を、気鋭の作家たちがそれぞれの視点から解釈し、映像作品を制作。参加作家は、映像、アニメーション、ダンス、グラフィック、広告、イラストレーション、プログラミング、メディアデザインなどの領域を横断しながら、多彩な感性をもって新しい表現に取り組む9組。

BRDG × 2nd Functionによる異次元のAUDIO×VISUALイベント 『ADIRECTOR チャネル』が、表参道DOLLHOUSEにて開催

この夏、表参道の交差点に面するビルを丸ごとジャックして開催され、最終週には、キャンセル待ち続出となったメディアアート展『DOLLHOUSE』で、週末の夜のみ、クリエイターたちが集い、密かに開催されていたのが「ADIRECTOR チャネル」という実験的なクラブ・イベントだ。9月に復活!?

知覚を着る服を体験、ライゾマ真鍋氏らが開発

echo wearは服自体が常に、目には見えない信号を発し続けている。信号が空間内にある物体に当たり、こだまのように反響が服に返ってきて、そこで振動に変換される。

イルカやこうもりは視覚以外の特殊な能力で空間や仲間、獲物を認識している。それらに似た原理

e-skinは2017年に開発者向けに発売。2019年にはBtoB向け計測器向けの製品を発売し、2020年にはいよいよ一般消費者向け品の発売に踏み切る計画だ。


ライゾマ×ELEVENPLAY最新パフォーマンス !!

Rhizomatiks Research×ELEVENPLAY最新パフォーマンス 「discrete figures」、待望の日本初公演がスパイラルホールで8月31日から3日間にわたって開催!見逃せないー!!!

ダムタイプの過去パフォーマンス作品の記録映像スクリーニング「YCC Temporary ダムタイプ」開催

Dumb Type(ダムタイプ)は京都を中心に活動する日本のアートパフォーマンス集団。

マルチメディア・アート・パフォーマンス・グループ” とも呼ばれアート作品や舞台演出へ多大な影響を与えてきている。

世界的ダンサーと能楽師山井綱雄とのコラボレーションが久良岐能舞台で実現

2018年7月22日(日)
KURAKI スペシャルコンサート「サキの國」

森 弘一郎(Performance Artist)

山井綱雄 (Noh Actor)
おおたか静流  (Voice)
松尾 慧 (Shinobue)
四戸弘幸 (Bass)
Christopher Hardy (Percussion)


夜更かしの準備はいい?今年も街がアートに変貌!六本木アートナイト

六本木アートナイト2018

期間:2018年5月26日(土)~5月27日(日)

開催場所:六本木エリア

変なアートを探しに徹夜で六本木の街を巡ろう

 

ドルガバのコレクションにドローンが登場

Dolce&Gabbanaで。最初の3分間ほどでしたが、

7機のドローンがランウェイをヨタヨタバックを持って登場。ちなみに、このハートをかたどったクロージャーのバッグは「devotion」シリーズ。なんだか笑っちゃうね

メディアアートの祭典 Media Ambition Tokyoイベントレポート

2018年2月9日から25日まで開催されたMAT

硬派すぎない感じが良かった。1枚の写真をみれば、その画にふさわしい音まで想像できるが、それをコンピューターに想像させる作品とか手のひらサイズの仏像の背中に、CDとCDプレーヤーのピックアップ(読み取りレーザー)をつけたCDの仏像とかおもろかった

 


空間幾何学と緊密なダンサーの3人のコレグラフ

ELEVENPLAYのダンサーから、3人[篠原沙弥、安川香、脇坂江梨沙]が参加したSónarPLANTAでの《phosphere》が

世界的に評価を得ているんだな。かっこいいもの。

 

アルスエレクトロニカ。世界中から人が集まるアートな街づくり

5日間に渡って開かれたアルスエレクトロニカ・フェスティバルに、今年は過去最多となる約10万人が訪れた。単純計算にすぎるかもしれないが、開催期は街の人口の3分の1がフェスティバル関係者という状態になる

クリエイティブを探求する新施設「グッチ ガーデン」がフィレンツェに

「グッチ(Gucci)」が、イタリア・フィレンツェのメルカンツィア宮殿内に「グッチ ガーデン(Gucci Garden)」を1月10日にオープンした。グッチが創設された1921年から現在に至るまでの幅広いコレクションを2フロア、6部屋にわたって展示